脱毛中 自己処理

脱毛中にしてはいけない自己処理について

脱毛エステに通っている間には、してはいけないことがあります。

 

脱毛エステが完了するまで、禁忌(タブー)になっていることですね。
では、ひとつずつ見ていくことにしましょう。

 

まず、一番大事なこととして、日焼けをしてはいけません。

 

どうして日焼けをしてはいけないかと言うと、日焼けをすると皮膚が黒くなりますよね。
脱毛機の光は、黒色に反応します。
過度な日焼けをしてしまうと、脱毛機の光は皮膚に反応するようになってしまうのです。

 

脱毛機の光が皮膚に反応すると、結果としてやけどになってしまう恐れがあります。

 

また、皮膚に反応しないレベルの日焼けでも、
浅黒くなると脱毛機の光が毛に反応する度合いが弱くなってしまいます。

 

お肌が白ければ脱毛機の光も毛に集約しますが、皮膚が黒いとその分、光も散ってしまうのです。
そうなると、脱毛効果も半減してしまいます。

 

早くなくしたいのであれば、日頃から日焼けをしないように心がけましょう。

 

また、脱毛中の自己処理には注意が必要です。
脱毛エステに通っている間は、自己処理はカミソリで剃るのみしかしてはいけません。

 

絶対に毛を抜いたりしないようにしましょう。

 

どうして抜いてはいけないかと言うと、
抜いてしまうと脱毛に必要な毛根がなくなってしまうからです。

 

さらには毛の成長サイクルも乱れてしまうので、
結果として効率的な脱毛ができなくなってしまいます。

 

確かに自己処理が自由にできなくなるのは辛いですが、
はやく無くすためにはぐっとこらえて抜かないようにしましょう。