脱毛 自己処理 デメリット

脱毛 自己処理のデメリット

では、反対に自己処理のデメリットについてみていきましょう。

 

自己処理のデメリットは、やはりお肌にかかるダメージが大きいことです。

 

自己処理は、何度お手入れをしても結果として何度も生えて来てしまいます。
生えて来たらまた自己処理をする…。
この繰り返しが、お肌にものすごくストレスを与えてしまうのです。

 

カミソリの場合は、剃るときに基本的には石けんなど、カミソリが滑りやすいような工夫をしますね。
これは剃りやすいからだけではなく、お肌にかかるダメージを軽減させるためでもあります。

 

ですが、何度も繰り返すとやはりお肌にはよくありません。

 

ムダ毛と一緒に、必要以上に角質までも削り取ってしまうのです。

 

毛を抜くこともよくありません。毛を抜く際に、

 

毛と一緒に毛穴の周りの皮膚組織も引き抜いてしまっているのです。

 

ですので、毛を抜くのと同時に皮膚の炎症は免れないのです。
カミソリ以上に抜く行為はお肌のストレスが大きいです。
何度も繰り返すことで、色素沈着が起きたり、毛穴が目立ってきたりします。

 

また、埋没毛といって、皮膚の下で毛が生えてきてしまうという現象も起きます。
埋没毛になると、結果として炎症を引き起こすこともあります。
そうなると更に皮膚へのダメージが高くなってしまうので、よくないスパイラルにはまってしまいます。

 

唯一お肌に優しい自己処理は、光を使った家庭用脱毛器の場合です。

 

ですが、あまり効果を実感できなかったり、
使い方を誤るとやけどなどのトラブルにもなりかねません。