毛のはたらき

ムダ毛のはたらき

煩わしいムダ毛にも、きちんとしたはたらきがあるのはご存知でしょうか?

 

ムダ毛は、特に女性からしたらただ審美的に不必要なものですよね。
ですが、ムダ毛にもきちんと生えてきている意味があるのです。

 

ムダ毛のはたらきのひとつとして、皮膚の保護があります。

 

毛が生えていることで、お肌がむき出しにはなっていませんね。

 

例えば、転んで皮膚を擦りむいたときなど、ムダ毛がないツルツルの状態と、毛が生えている状態とでは、どちらが皮膚自体にダメージを与えるかと言ったら、もちろんムダ毛がない状態の方がひどく擦りむくでしょう。

 

この毛の保護のはたらきは、特に身体の大事な部分に密集して生えています。

 

分かりやすいのは頭です。頭には脳みそがありますね。
髪の毛が生えていることで、万が一頭を打ったときにでも頭髪がクッションの変わりになってくれます。
結果、脳にダイレクトに衝撃が加わりませんね。

 

その他にも、

体温の調節のはたらきがあります。特に、寒いときです。

 

これも、お肌に毛が生えていないツルツルの状態と、生えている状態で比べるとわかりやすいですね。
毛が生えていた方のが、一枚毛皮を着ているようなものなので、多少保温の効果になります。

 

また、寒いときに立つ鳥肌はこの毛皮の効果を高めてくれる役割があるのです。
寒いからというだけの反応ではなく、ちゃんと保温の意味があったのですね。

 

このように、煩わしい毛にもれっきとした身体のはたらきがあるのです。